マッドブルのステアリングでちょっと話題になりましたので、以前やってみた改造を載せておきます。

マッドブルはステアリングのガタが大きくて気になります。まあ、それなりに走ってくれますが(笑)

ガタを少なくするために、サーボからクランクまでをボールエンドでつないでみています。純正はクランク状のロッドを穴に通す仕様で、穴がスカスカなんですよね。

20210416_112200

ステアリングサーボはスピコン用サーボの場所に取り付け。

20210416_112323

取り付けプレートはネジとバンドでしっかりと。

20210416_112242

クランクは純正の穴より内側にボールを取り付けています。

20210416_112307

ステアリングをきると当たるので、ダンパーステーの裏を少し削ります。

20210416_112344

純正のプラスチックロッドから、ネジシャフトに交換しました。

20210416_112606

普段は普通のタイヤを付けていますよ~。

20210416_112442

20210416_112459


余談ですがこのギヤボックス、グラスホッパーから続くリジッドモデルの最終バージョンだけあって、モーターの低重心化やユニット式デフ、スイング部分のセンターをジョイントでシャーシに繋げるなどの改良がされていますね。
 
このギヤボックスをグラスホッパー2のシャーシに付けたのがライジングファイターでしたね。(ボディーはスーパーホーネットの流用)

ちょっとロングホイールベースになりますが、取り付け幅に合わせて左右をすこし削れば旧リジッド系にも使えるようです。(ライジングファイターは専用の取り付けブラケット)

良いギヤボックスですが、構造上ホーシングカットできないので、4独改造には使えませんね(笑)

ヨコモのツインカム、エスプリ-スーパーストック、調子の悪かったプロストック2(23ターン)をメンテナンスして、ブレークインも済ませたので計測してみましたよ。
20210410_201719


20210410_114641

忍者に付けていて、ロックしてしまったプロストック2。捨てるつもりでしたが、どうせ捨てるなら一度ばらしてみようと思って、カシメてあるエンドベルを外して分解してみました。

ローターには芝や砂利が絡みついていて、これがロックの原因なのかな?特に傷や焼けはないようです。

まだ使えそうでしたのでキレイに掃除して、メタルをベアリングに交換して組み直しました。

20210410_134919

計測すると約3.4アンペア、24000~25000くらい回ります。
これなら使えそうですね。

20210410_134157

ツインカムです。これはブラシはそのままでクリーニングしただけ。ベアリング仕様で進角調整ができます。
進角は4にして計測。
2~2.1アンペア、24000前後回りました。凄くスムーズでバランスが良さそうですが、トルク感は少ないかなぁ?

20210410_150532

エスプリ-スーパーストックです。
4.8アンペア、34000オーバーです💦これ、メタル軸受けですよ…大丈夫?
ストックモーターとはいえ、さすがエスプリの名前は伊達ではないですね~。音も断末魔の悲鳴のようです(笑)
詳細なスペックはわかりませんが、忍者に付けたら壊れそうなモーターでしたね

結局忍者には復活したプロストック2を使ってみようと思います

先日掘り起こしたモーターをメンテナンスしていきます。

まあ、クリーニングしてブラシを交換して、ブレークインするくらいですけど…

20210410_113043


20210410_113057


ブラシのリード線が2本のやつが付いていました。
これと同じブラシは、新品をいくつか持っているのですが、以前に他のモーターに何度か使ってみましたがあまり感触が良くないです。たぶん頻繁なメンテナンスが必要なブラシかもしれません。

20210410_113051

普通にブラシ交換する時は、タミヤのブラシにしています。
…というか、現在手に入るブラシってこれくらいしかないのでは…?

他に入手しやすいブラシをご存知のかた、おられますか~?

↑このページのトップヘ